とるころーるの備忘録日記

石田彰さんを最近好きになったド新規ファンがいろんな感想を書いていくブログ。ツイッターもやってます→ @turkey_a_san

ルーベンス展 / ムンク展 の感想

 

 

以前、歌舞伎に興味のある友人Fに誘われて一幕見席(当日並べば、一幕だけ1000円前後で見れる。4階なので遠いが声もちゃんと届く。歌舞伎役者はすごい)で見に行ったことがある。

私は当時歌舞伎に興味はあったものの学校で連れられたり...程度で、自分では行ったことがなかったので、ついていった。

 

Fは腐女子なのだが、女形の方の妖艶な演技について、「あれめっちゃエロかったね!あれ全員男なんだよ、ヤバくない?」ということを観劇後に私に言った(一応言っておくと、もちろん感想はそれには留まらないです)。

そのとき、高尚なものとして観劇しようと肩肘張っていた私の歌舞伎へのハードルは脆くも崩れ去り(こういうときにこの言い回しは使わない気がする)、「高尚とされているものを気軽に見る」という私の鑑賞スタイルが確立した。

 

何の話かというと、美術館も結局同じという話だ。私の美術の知識については、受験世界史/受験日本史/たまに見る美の巨人/今までに行った展覧会に全てが集約されるので、大変貧相な知識しかないが、それでも美術館に行くのは好きだし、気軽に見ればいいと思う。

 

たまに気になる展覧会は事前にムック本を買って読んでから行くこともある。知識があればそれはそれで楽しいし、自分の限られた時間の中でできる楽しみ方をしたらいい。

 

(ちなみに音楽についても同じだと思っている。別の友人Sは「ここのベースとドラムは完全にまぐわってる、でも音楽は全年齢対象」と言ったようなことを言っていたが、全くその通りで、クラシックを聴いてても「ひえーエロ!」と思う旋律とかは実際あると思う)

 

てなわけで、ルーベンス展とムンク展に行ってきました。ざっくりとした備忘録用のメモです!

 

ルーベンス

ルーベンス展-バロックの誕生|TBSテレビ

 

すみません、人に見せるというより本当に備忘録のために載せてるので、以下の写真にキッタナイメモが載ってますがご容赦ください。

 

いつも私は美術館に向かってすぐ(自分でペンを取り出すのがめんどくさかったり、持ってなかったりするので)、係の方に「ペグシル貸してください」と言ってペグシルや鉛筆を借りて、メモをして回ります。

 

私は気に入った作品には丸をつけていき、最後に出る前にそこだけもう一度見てから帰ります。名残惜しいけど。

 

f:id:turkey_a_san:20190117145915j:image

f:id:turkey_a_san:20190117145931j:image
f:id:turkey_a_san:20190117145935j:image
f:id:turkey_a_san:20190117145927j:image
f:id:turkey_a_san:20190117145939j:image
f:id:turkey_a_san:20190117145943j:image

 

音声ガイドは長澤まさみさん。低めの綺麗な声だった。

ルーベンス展は全編を通して臨場感、躍動感がすごかった。肌が綺麗で、筋肉に動きがあって。

ルノワール展も以前行ったのだが、ルノワールに比べて、もっと雄々しい感じがあった。ルノワールも臨場感はあるけど、ルノワールの方がよりふんわりしている感じ。ちなみにルノワールルーベンスの影響を受けたらしい。なるほどなあと思った。

 

ルーベンスは肌の柔らかさ、質感をチョークで書くことで出したらしい。ルーベンスは人間の理想の肉体、肉体表現における感情の表し方というのを目標にしたそうだけど、すごーくよくわかる。伝わる感情表現。

 

ルーベンスは家族の絵もよく描いたらしく、『クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像』という娘の肖像画については、目の前に愛娘がいて、楽しみとして描いたらしい。たのしんで描いたんだな〜可愛くたまらんのだろうな〜という家族へのまなざしが感じられた。

 

宗教画

ルーベンスは宗教画の大作を多く残したが、かなりダイナミックなものが多かった。そして光をバッチリ当ててるなーというのが伝わってきた。

ルーベンスの宗教画のダイナミックさというのは、旧教改革(カトリックプロテスタントが対立していたとき、カトリックが生き残りをかけて自身の改革に臨んだもの)の一環としてのものだったそうだ。宗教画にわかりやすさを求めたが故のダイナミズム。

 

『天使に治療される聖セバスティアヌス』という作品があって、これは結構色彩が豊かで印象に残った。色彩の豊かさはヴェネツィア派の影響だそう。

聖セバスティアヌスの逸話は、『黄金伝説』という書物に書かれており、その書物の中では聖セバスティアヌスを治療したのは、天使ではなく聖イレネだそうだが、ルーベンスは天使に治療されたとするアルプス以北の伝説を取り入れた。一方で、しっかり光の反射を入れているのは南イタリアの影響であり、南北の文化を融合させている作品。

 

隣には『聖イレネに治療される聖セバスティアヌス』という作品もあり、黄金伝説通りの内容での描写だった。

 

『キリスト哀悼』(cat. 25) も印象的。亡くなったキリストのげっそりした顔、白目、かなり怖かった。

 

宗教画のコーナーで私が一番印象に残ったのは、『聖アンデレの殉教』。

(殉教が棕櫚の枝で表されるの知らなかった...シュロってなに...w)

まあ〜デカい。大作。ルーベンスは自身を大作に向いてる!と自信満々だったそうだけど、その自信通りまんまと圧倒されてしまう21世紀の私。

とにかくダイナミック。表情も豊かで今にも動き出しそう、絵とは思えない。風が吹いているのを感じるし、馬も今にも動き出しそうだ。

登場人物も多いのに、十字架がX字型になることで手足が広がり印象的になり(音声ガイドより)、光も当たっていてしっかり聖アンデレの殉教というテーマが伝わってくる。そして手の重なりが構図的に不協和音を奏でているというのを聞いて、なるほどなーと思ったり。しばらくぼーっとしてしまった。

 

神話

ヘラクレスの筋肉マジ最高!!!!!!ゴリゴリ!!!!!!!

 

ルーベンスの筋肉描写がすっっっごくよかった。特にcat. 54,55の『ヘスペリデスの園ヘラクレス』と『「噂」に耳を傾けるデイアネイラ』。この二つの作品は対になってるんだけど、対比がよかった。

構図的には鏡合わせのポーズ(本来は向き合ってるのが正しい展示だったらしい)。デイアネイラの方は、ヘラクレスの妻・デイアネイラが「噂」を具現化した女に、ヘラクレスの浮気という嘘の噂を吹き込まれている場面。ヘラクレスの方は、12の試練の一つ、ヘスペリデスの園(※龍がいる)から黄金のリンゴを取ってくる場面。

 

噂を具現化した女っていうのがなかなか醜いのもウケたけど、デイアネイラの丸みのある柔らかそうな肌と、ヘラクレスのゴリゴリの筋肉の差がすごかった。また、デイアネイラの方は静かに佇んで噂に耳を傾けているのだが、一方のヘラクレスの躍動感も半端じゃなかった、黄金のリンゴをとるところ。

 

同じところに、ルーベンスとフランス・スネイデルスの共同作である「ヘスペリデスの園で龍と闘うヘラクレス」っていうのがあって、ルーベンスヘラクレスを、スネイデルスが龍を描いてて、テーマとしては同じなんだけど、躍動感が全然違った。

 

スネイデルスの龍の方が、ルーベンスが描いた龍よりもウロコとか細かいし筆致も丁寧なんだけど、龍自身は静かに対峙している感じ。さっきのデイアネイラと対になってるヘラクレスの方の龍は、躍動感に溢れてる感じで、同じテーマでも別の人が描くと随分違うんだなと思った。

 

聖アンデレの殉教も、ヘラクレスとデイアネイラの対になってる作品も、ルーベンスが亡くなる2年前、1638年の作品なんだけど、亡くなる直前まで何百年も後の人の心を掴める作品を描けるってのはやっぱりすごいことだなあと思った。

 

そのほか

あとは箇条書き。

・『パエトンの墜落』

高慢への戒め、支配者の能力の必要性を表す。光の表現、躍動感がすごい。人数もかなりいるのに、パエトンが中心人物であることがよくわかる。

 

・『ヴィーナス、マルスとキューピッド』

マルスがハリウッド俳優かってくらいイケメン。最高。

 

・『エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち』

有名な三姉妹のやつ。大作。表情の表現がすごいと思った。

 

ムンク

【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

めっっっっちゃ混んでた。9:50に行って20分待ち。開館9:30なのにねぇ...

 

f:id:turkey_a_san:20190117155319j:image

f:id:turkey_a_san:20190117155308j:image
f:id:turkey_a_san:20190117155312j:image
f:id:turkey_a_san:20190117155316j:image
f:id:turkey_a_san:20190117155304j:image
f:id:turkey_a_san:20190117155258j:image

 

音声ガイドは福山潤さん。めっっっっっちゃいい声だった。ミケランジェロ展の安元さんの時も思ったけど、声優さんがガイドをやると画家の言葉とかをめちゃくちゃ演じてくれるので楽しい。

ていうか、公式マスコットキャラクターの「さけびクン」も福山さんが当てていて、しかもなぜかイケボで当てていたのでかなりウケた。

 

f:id:turkey_a_san:20190117155512j:image

(公式ツイッター @munch2018 より)

これがイケボ。ヤバすぎ。YouTubeチャンネルもあります。

「今日は一緒に展覧会を見れて叫びたいくらい嬉しいよ」とか「ここは叫びの絵のようなフィヨルドを一望できるところがあるんだ。そこで君のために叫ぼうか?...えっなにをって?それは...そのときまで秘密さ」とか言われたんだけど、あれはシニアや男性諸氏はどう思うのだろう...と思いながら5回くらい再生した。ありがとうございました。

 

ムンクルーベンスとは違って写実性というより精神世界〜という感じ。絵を見たというよりも、画家の人生を絵を通してみた、というところがあり、大変エネルギーを使った。人生を通して「生き血」を注いで(注:画家談)描いた絵を100枚以上。そりゃ疲れますね笑

 

ムンク、幼少期の母と姉の死、女性関係で相当悩んだんだね...というのがよくよく伝わりました。

お姉さんが亡くなった記憶を描いた、『病める子』のシリーズは、静かに死を見つめているかのようなお姉さんが描かれていて、はっとした。エッチング・ドライポイントだからこその静けさなのだろうか?

 

ルーベンスは、年代ごとに明らかに作風というか躍動感とかが変わってるなーってのが素人目にもわかったのだが、ムンクはあんまりわからなかった。精神を病み始めた30代前後くらいからは結構変わってきたようだったけど...

同時期に、写実的な作品と精神的イメージの世界を描いた立体感の少ない作品とがあって、過渡期だったのかなあとか思ったり。

 

あと、ムンクがこんなに版画を描いていたのは知らなかった。結構版画あるんですね!無知でした。多色刷りをしてみたり、同じモチーフを違う色で出してみたり、画期的なことをやっているとは存じあげませんでした!ごめんね。

 

『叫び』『絶望』

印象に残った作品は、まあ当たり前っちゃ当たり前なのだが、『叫び』『絶望』。

超並んでて、最前列で見る人用の列と、2列目以降で見る人用の列があり、最前列で見る場合は立ち止まっちゃダメとのことで、歩きながらしか見れなかったので全然しっかり見れず、結局2列目からじっくり眺めた。

 

眺めて思ったのは、『叫び』に案外明るいイメージを持ったこと。いや、自然のつき刺す叫び(だっけ)を聞いて耳を塞いでるわけだから、当然暗いもんだと思ってたんだけどね、思いのほか明るい色合いだったんだよね。

『絶望』とは構図とかかなり似てるんですけど、違ったのは、『絶望』よりも橋が明るい色だし、空とかによりうねりがあって、結構動きがあること。『絶望』の方が陰鬱としていた。

 

『叫び』、色合いとか意外と明るくて、やっぱ実際に見ると違うんだなーと思った。ただ、うねりが激しい分、より「叫び」による世界の歪み、みたいなものは感じた。叫びによって世界が歪んで、だからこそ耳を塞いでる、みたいなの。『絶望』はまさにタイトル通り、陰鬱としていて、なるほどなと思った。

 

そのほか

箇条書き。

 

・『接吻』

男女が抱き合ってキスをしている作品たち。抱き合っている二人は境目などないかのように見える。

ツイッターでもバズってたけど、音声ガイドの「愛の本質は個人の喪失」という言葉がすごく耳に残った。確かにそうかもしれない、今までに聞いた愛の定義で一番しっくりくる。

 

油彩の『接吻』は、カーテンが閉まり、外の明るい様子がカーテンの隙間からチラリと見えている。部屋は暗い。服を着た二人が抱きしめあっている。そういったところから、静かにひっそりと、逢瀬を楽しんでいる感じがした。二人しかいない世界、しぃんとした静寂。ムンクが人妻を恋人にした時、こんな風に会ったのかなあと思ったり。

 

一方、エッチング・ドライポイントの『接吻』は、カーテンも開いているのに服も纏わず、裸で抱き合い、キスをしている。随分開放的だ。二人しかいない世界であることは変わらないのだけれど、隠すこともなく堂々と楽しんでる感じ。ムンクが足繁く通ったというボヘミアングループの開放的な恋愛の思想を感じた。

 

モチーフは同じなのにこんなにも違うとは!びっくりです。

 

・『マドンナ』

官能的。この妖艶さ、『ブローチ、エヴァ・ムドッチ』の肖像画に通ずるものを感じた。眼差しの妖艶さがすごい。体の傾け方も。

 

・『目の中の目』『別離』

前者では女性の赤い髪が男性に伸びている。後者では、別れたと思われる男女の、男の方から女性の方に髪が離れつつあるところみたいだ。

 

ふたりの境目がなくなり、個人を喪失することが愛の本質だとするなら、境目を無くそうとしているまさにその瞬間が前者、後者は一体となった二人がまた分裂するところなんだろうか?

『別離』からは、自分の一部となった彼女と別れ、離れる苦しみが伝わってくる。身をもぎ取られるような痛みというか...男性が胸を抑えて耐えている苦しみとはそういうことだろうか?

 

・『生命のダンス』

一見明るい色彩だけど、結構グロい。怪物みたいな男もいるし...

 

・『黄色い丸太』『疾駆する馬』『太陽』

『黄色い丸太』は遠近がすごくて吸い込まれそう。『疾駆する馬』は馬の走り方が躍動感に溢れていてすごい。しかも結構馬が写実的。『太陽』はとにかく明るくて、今まで見てきた感じとのあまりの違いにびっくりした。

 

・『星月夜』

美しい夜空。晩年の絵がめちゃくちゃ明るくて驚いてしまう。まさかムンクがこんな感じの絵を描いていたとは思わなかった。

ほかにも、『浜辺にいる二人の女』『二人、孤独な人たち』とかも昔の版画の色を出し直しているが、色が随分明るくなってマジびっくりした。『浜辺にいる二人の女』とか、マジ死神と女かと思ったのに。むしろ明るくなりすぎてポップになってたよ。

 

なんていうか、私は昔の病んだ感じも、色彩豊かな晩年も、どっちもいいと思うけど、インディーズバンドがデビューして「昔の方がよかった」とか言い出すファンみたいに、「昔と違いすぎやろ」と思った笑 いいかどうかは別にして、落差がすごい。

 

・『狂った視覚』

画家が高血圧により右目の血管が破裂した時の記憶を描いたもの。前景によくわからない赤とか紫赤のどす黒い何かが描かれている。

これを見たときに、さぞ痛かっただろうなと思ったし、絵を描く画家が視界を大きく変えられた時の衝撃はどれだけだったろう、と思った。

 

ブラックジャックのなかで、水爆にやられた画家が、脳以外の全ての臓器を他人のものに変えながらも(変えたのはもちろんブラックジャック)、生き絶えるその最期まで、水爆に苦しむ人を魂を込めて描く、というエピソードがある。彼は一旦は絵を完成させるのだが、やはり全然ダメだと言ってもう一度筆をとって魂をかけて描いて完成させたのだけれど、そういう、なんていうか生命をかけた苦しみみたいなものを感じた。迫力と、おどろおどろしさ。晩年の作品の中ではもっとも目を引いた。

 

・『自画像、時計とベッドの間』

先ほどの『狂った視覚』に比べて随分静かな絵。画家のだらりと下げた手は死を受容しているかのよう。右上にある白い人間のようなものはなんだろう?

でもとにかく静かな死へのまなざしだった。亡くなった姉を描いたときの眼差しとはまた違う。あれは、死を覚悟する静けさがあったけれど、この絵は覚悟するというより、ただ受け止める、その時を待つ、というように感じた。

 

 

気になったのは以上です!面白かった。

美術館行ったら必ず文字化するってのは時間的に厳しそうだけどまたたまにでも書けたらいいな〜

1.13 シェーヴルノート ライビュ 感想

 

台本買うべきだった!!!!見てから買おうとか思ってた私の大バカヤロウ!!!!!!

というわけで以下は台本なし、千秋楽ライビュのみで感想を書いてるので、私なりの考察、分析が間違っている可能性は大いにあるのでよろしくお願いします。

売り切れてたよ台本、、、買いたかったよ、、、、、ううううっ、、、、、、どうか、、、、再販してくだせえ、、、、、、私が悪かった、、、、

 

以下、ゴリゴリのネタバレです

 

 

 

◯脚本 感想

 

1. なぜ記憶を失う決意をしたのか

a. ジルドレ

罪滅ぼしのため→「地獄ってどこだ」の章にて後述します。

 

b. アランソン

死ぬときは一緒だと約束した。だから記憶を失うときも一緒だ。

...いやーーーーーーマジで.......................友愛...............という感じ。梶さんの演技がめちゃくちゃ好青年で最高だったからこそ映えるこの言葉。普通の人が言ったら「いやそんっなぁ〜w友達のために記憶売る?」ってなると思うんだけど、演技の説得力がすごい。

 

c.ラ・イル

(罪滅ぼしのためではないと否定した上で、)あの3人を見るのが大好きだったから。

ラ・イルかわいそうだとは思うけど、感情移入ができるかっつーとできなかった。でも最後ちゃんと「悪魔」ではなく、一人の人間として終われてよかったなって思いました→後述します。

 

2. 似た者同士という言葉

a. ジャンヌとジルドレ

ジャンヌ:本当はただの詐欺師なのに、聖女だと偽り、兵士を騙して戦争に向かわせる

ジルドレ:本当はただ兵士服がカッコよくてそれに憧れていたただの少年だったのに、気がついたら兵士を統率し、血に染める真似をさせている

 

似た者同士ねっていうんだよなあ、沢城さんが。本当にここよかったよね

 

b. ジャンヌとラ・イル

ジャンヌ:生き延びるため、人を騙してなんでもしながら「野良猫のように」生きていた。

ライル:戦争孤児ながら生き延びるため、「人として扱ってもらえず」、生きていた。

 

似てるわね、とここも言われてましたね。

しかもジャンヌは、野良猫のようだと言われ、奇跡の乙女と嘘をつかされながらも、結局最終的にはジルドレ、アランソンに想われ、大切にされた。つまり、ジルドレやアランソンには、 最終的に「野良猫」としてでもなく、「聖女」としてでもなく、「人」として、接された。

実際、ジルドレからも、「野良猫じゃない。猫は水が苦手だからドブを漁って餌を探さない」なんて言われてましたが、あれは本心だったんじゃないかな。

 

ラ・イルも同じ。人として扱われなかった。「ラ・イル(癇癪持ち)」などという名前をつけられ(最初これ聞いたとき、リッシュモンのネーミングセンスどうなってんねん、と誰もが思ったと思うんですけど、リッシュモンは最初からラ・イルを大切にしてなかったっていう布石だったわけですね?)、そして最後にはジルドレに「人として」接してもらえるようになった。

 

ラ・イルもな〜お金のためだと言って裏切り、ゴリゴリに窮地に追い込ませるのはなあ〜〜と私は思ってしまったけど、、、

 

3. 地獄ってどこだ

ラボラスが、本当の地獄っていうのは自分を許せず憎み続けることだっていうことを言っていたんですよね。これは、ジルドレのことをおそらく言ってるのではないだろうか。

罪滅ぼしのためにジャンヌを甦らせるのだ、という言葉通り、ジルドレは、彼自身の地獄の中で、ジャンヌを救おうと思っていたのではないか。

 

「ジャンヌとジルドレは似ている」という章でも述べましたが、ジャンヌに、自分と同じ気持ちを味わわせてしまったという、境遇が似ているからこその罪滅ぼしの気持ちがあったのでは?

ただ単にジャンヌを死なせてしまったというだけではなく...兵を動かし、殺すという同じ思いを味わわせてしまった、という...。

 

ジャンヌが、「嘘をつき続けたら明日には本当になるって信じていいのかな」ということを言ったとき、ジルドレが「それでいいんじゃないか、何が悪い」的なことを言ってたと思うんですけど(うろ覚え)、その言葉に救われたんじゃないか、むしろあの「何が悪い」というのは自分にも向けていた言葉だったのではないか。

 

4. 嘘だとか、本当だとか

ジャンヌのセリフで、「嘘に命を乗せないと騙せない」みたいな感じの言葉があったと思うのですが、ジャンヌは文字通り命をかけて「嘘」をついていた。その甲斐あって、兵士達はジャンヌを信じ、大勝利を重ね、躍進していった。

 

あのジャンヌの天才的な騙し方が実現した理由というのはジャンヌが自分自身をも騙していたからなのかなと思った。ジャンヌは自身の人生のことを「嘘だらけの人生だったけど」と語ってたけど...自分を騙してばかりならそりゃまあ人生も嘘だらけだと言いたくもなりそうだ。

 

ところで、この一連の流れを見ていて思ったのは、嘘だとか、本当だとかいうのは結局どうでもよくて、最後には「信じる」という行為にテーマが昇華されていた...のではないか?と感じた。ある事象が嘘でも本当でもよくて、いずれにせよ「信じる」ということの難しさ、というか...

 

要するに、ですね。

嘘を信じさせる、ということが「騙した」ということ。でも、ジャンヌの「聖女」という嘘を信じさせたことで兵士達は勝利を挙げた。目的のためについた嘘で成功したとき、嘘についての罪悪感を負う必要はあるのだろうか?というか、それはもう本当になっているんじゃないだろうか?ジャンヌは、勝利をもたらしたのだから。

 

アランソンも「ジャンヌは本物です」と言っていたのは、前線で走り回り、兵士達を勇気付けるジャンヌは本物なのだ、と。嘘から始まって本物になることだってある、そのくらい嘘か本当かなんて曖昧で...と言いますか...

 

うーんこの辺はさすがにまだ直後だし、煮詰めきれてませんね。私の意見が曖昧です。笑

 

もし台本を買えたらまたそのうち。

 

5. 悪魔ってだれだ

ラボラスは「悪魔」と言われるとやたら否定する。この作品では「悪魔だな」というセリフがやたら出てきましたね。つまり、本当の「悪魔」はラボラスじゃない。

 

悪魔だな、という言葉は、シャルルがリッシュモンに、ラボラスがラ・イルに、言っていた。

 

ここも対比がなされていて、金のためだとか、復讐に執念を燃やしていただとか、そのために人間は、平気で人を裏切る。

一方ラボラスは一度も裏切ってはいない。ただ対価をもらっているだけだし、なんなら最終的にラ・イルの記憶をしばらく奪わないであげたりと、むしろいいやつだ。ラ・イルにも「いい人ですね」とか言われてるし。人じゃないぞ?w

 

(まああえていうなら、「俺たち悪魔」って言ってライルの裏切りをほのめかす(そういう場面ありませんでしたっけ...)くらいなら教えてやってよ!って思ったけど、そもそも信頼関係がないので裏切ったも何もありませんね...)

 

リッシュモンとラ・イルは、最後リッシュモンがずっと悪魔のままだったのに対して、ライルは「人」に戻れた。記憶も売ったし。

 

ぜんっぜん関係ないけど、ラ・イルがリッシュモンを斬ったあと、「殺すだけが取り柄だから痛くしません」って2回目斬ってたよね。わたしあれ見て「1回目の時点でもう痛かったと思うよ...」ってツッコミ入れちゃったネ。

 

ラ・イルはリッシュモンに感謝もしてたんだよなあ。なんで裏切っちゃったんだライルーーーー!!!って思ってたけどその辺もあるんだろうかねえ...

 

6. 記憶の儚さとか印象的なセリフとか

a. ツッコミどころ

記憶を売りまくってたけど、「なんで記憶を売ってるか」とかは忘れないんだね...???と思ったのは私だけかね......

リッシュモンも5年間の記憶売って綺麗さっぱり忘れたら、スッキリして復讐しようなんて思わなくない?記憶もなしに復讐したいって思うもんなの?と心のわたしがずっと突っ込んでました。野暮でごめん。

 

b. 人が人であるために

記憶を失ったジルドレを見て、「こんな目をした男は...ジルドレじゃない!」みたいなことをアランソンが言ってたと思うんですけど(うろ覚え〜!)、「記憶」こそ、その人がその人であるために必要なものなのかなあと思ったり。

 

自分を切り売りしてもジャンヌを助けたい、というのは、自分を切り売りしてジャンヌ(≒過去の自分)を助けたい、という意味もあったのかな(先述した通りです)。

 

しっかしねぇ。

悪魔に売るもんっつったら、誰もが「魂」を売るもんだと思ったと思うんですけど...っていうか私はそう思ったんですけど、まさかの「記憶」で、「ニクいね〜!」という声がCV.杏で炸裂した。ニクい。ここでまさかの記憶。しかも忘れがたき記憶とは......

 

c. 忘れがたき記憶

しかも「忘れがたき」記憶。記憶を失ったことで、逆説的に「忘れがたかったのだ」と知るという。なんだこの綺麗な「逆説的に」の使い方は。 

アランソンを忘れたことでわかった、おまえはかけがえのない人だったのだな、と言ったジルドレのセリフで私大号泣。

 

本当になあ〜〜〜〜〜〜少年の頃からの親友みたいなのチョー弱いからさ!!!!!もう!!!!!

 

ラ・イルの忘れがたき記憶が、あの幸せな頃、というのもよかった。

リッシュモンの忘れがたき記憶が全然ないのも皮肉が効いててよかったです。

 

d. 印象的なセリフ

「暗闇に慣れたものは明るいところや希望のあるところでつまずく」という感じのラボラスの言葉は誰に向けての言葉なのだろう、ということをずっと考えてたんだが、わからない。誰に向けてですか?

 

暗闇に慣れたってもなあ、ジルドレはたしかに記憶を売りまくってるけど、明るいところや希望のあるところでつまずいたわけではないし...

リッシュモンには最後まで明るさとかなかったし...

 

それから、魔法について俺たちの作ってるのは嘘だ、みたいなことをリッシュモンがジルドレに言って、ジルドレが「嘘は命を乗せないと嘘のままだ」ってジャンヌの言葉を引用してたと思うんだけど、あの辺はどういうことだったんですかね?魔法が嘘?

なんかめっちゃジルドレが決め台詞言ってたのに、意味がわからなくてぽかんとしてしまった。それでもなぜか涙は出てくる中村さんの演技力な...

 

このへんだけようわからんかったっす。どなたかわかった方いらしたら教えてください〜

 

 

7. この物語の未来

 

この物語は「記憶」を主軸にしてるんで、当たり前っちゃ当たり前なんですけど、未来への希望がゼロ。マジでゼロ。記憶って過去のもんだからね。

あの極悪王さまは普通に生きてるし、ジャンヌは蘇ったけど、もうだれもジャンヌのことも互いのことも覚えてないし、夕方が過ぎたらほんとどうなるのかというか、絶望しかないよね。

 

ラスト、音楽がメジャーコードで結構幸せ風味で終わってて、それはそれで綺麗ですごく感動したんだけど、個人的にはマイナーとかセブンスコードとかをしれっと入れたりだとか、絶望感たっっっっぷりに終わってもめちゃくちゃ納得したと思う。

 

だからこの物語、「嘘」の幸せで終わるのだが、その幸せが嘘だとしても3人はその時間を本当だと信じているから、その一瞬は「本当」なのだ、みたいな、全編通して語られていた「嘘」、これへの救済としての「嘘の幸せ」で終わったのかなと。

 

8. 各キャラクターについての感想

今までのところで漏れたところだけ。

 

a. シャルル

25歳で「〇〇だも〜ん」とか言って許されるのは声帯がツダケンさんになったからだからなシャルル!!!(都内・23歳・女性)

 

まあ冗談はさておき、何にも考えてないように見えて、がっつり楽しんでる傍観者、彼もなかなかの「悪魔」だったねぇ。そして権威にも興味があり、権威さえ手に入れたらジャンヌのことなどどうでもいい、と。

 

普通ああいう極悪非道なこと見てたら多少迷いがあったりしそうなもんだけど、「ひゃーっ」っつって楽しんでたので、こいつもなかなかやぞ...と思いつつ見ていた。

 

b. リッシュモン大元帥

THE・極悪非道。ずーーーーっと感情の起伏のない人だなあと思ってたんだが、まさかのブチ切れにびっくりしてしまった。二人称貴様とか言い出すし。静かに丁寧語でブチギレるのも、諏訪部さんの声ならめっちゃ納得できそうだったけど、そうでなくて言葉遣いとかも一気に変わるキレっぷり。

 

これ、感情を抑えてたのが、ガッと出てきた感じだろうか。まさに「癇癪持ち(ラ・イル)」が解放された、という感じでそこも狙ったのかな?と思ったり。じゃないとあそこまで突然ブチギレる説明がつかない。

 

それと、自身の人生を戯曲扱いしていて、これはちょっと悲しくなった。戯曲みたいに生きてきたんだ、と思って。嘘だらけ、かけがえのない思い出もなく、この人はそうやって生きてきたんだな、という片鱗を見た気がした。

 

◯演技の感想

a. ジルドレ役・中村悠一さん

過去回想と、ラボラスとの場面がちょこちょこ変わるので、よくあんな切り替えできるなあと思った。

過去回想場面では、気難しい感じ、誇り高き剣士なのが、ラボラスとの場面では悪魔であるラボラスに縋るように「魂か」と聞いたり、気弱な一面、後悔をありありと感じさせる。あの声の切り替えは本当にすごい。

 

あと中村さん、最初のラボラスとの邂逅場面のセリフ、ほぼ目を閉じていたので、覚えてるんだなあと。しかも、結構身振り手振りがっつりしてた。すげえ。

ラボラスとの血の契約の場面は最高でしたねぇ...噛まずに言えるのがすごいという初歩的な感想と、あの大迫力。とにかく圧倒されてしまった。

 

そして、ジャンヌの記憶を最後の最後に売るときの、沢城さんとの掛け合いでもううううう力技で泣かされた。なんだあれ。泣くしかない。すごかった。本当に苦しくて、ジルドレの辛さが伝わるようで。

 

ところで、ライビュのおかげで中村さんの台本ががっつり見えたのだが、自分の役名のところを丸で囲っていて、そうだよな〜わからなくなるよなあと思いました。

ちなみに沢城さんはピッと名前の横に線を引いてた。ツダケンさんはめちゃ赤が引いてあるのが見えた。照明とかで暗い中間違えずに読むの大変そうなのに、皆さんほとんど噛んでなくてすごいです......

 

b. ジャンヌ役・沢城みゆきさん

詐欺師・ジャンヌとしての声高らかな演技と、普段のジャンヌとしての低めの「野良猫」の演技の切り替え...

低めの方は沢城さんの色っぽい感じが端々にあったと感じたのですが、詐欺師の方は本当にな...聖女...と感じさせる透き通った声でした。どう使い分けるねん。特に演説のところとかすごかったね〜

 

「野良猫」の沢城さんほんとかわいかった!!!ちょう!!かわいかった!!!

それから、鎧をガチャガチャさせるところだとか、いろんなところで表情がくるくる変わり、身振りもしていて、女優だ...と思いました。

 

それから、「こわいよ?」とラ・イルに言う時にはにっこりと笑っていた沢城さんが、一人になったシーンでは顔を歪めて「こわいよ...」と呟く、あの表情が忘れられない。最後の方の「お別れみたい」ってところとか目を潤ませていらしたし。

 

しかし、それにしても藤沢朗読劇は観劇2回目ですが、役者の皆さんの切り替えの演技がいっぱい見れて楽しいですねぇ

 

c. ラボラス役・大塚明夫さん

大塚さんのただでさえ低い声にオクターバー(同時にオクターブ下の音を重ねるエフェクト)かけるのずっるwwwwずっっっっるwwwwww

大塚さんの声にオクターバーかけてかっこよくないわけないだろ!!!!なぜなら元がかっこいいからだ!!!!!!

 

そして、「雇った」とジルドレに言われたときのブチギレラボラスさん、最高。大塚さんの演技本当によかった。

大塚さん、セリフの言うテンポ、息継ぎ、被せ方、全てが良かった〜台詞回しが天才的だった...本当にどこをとってもめちゃくちゃ最高だった。

チャーミングに見せかけてキレたりもする、ひょうきんに見せかけて淡々と記憶を奪う、二面性のあるあの感じが、本当に大塚さんだから出せたんだなと思いました。

 

大塚さん、基本的にずっと下を向いていらしたのだが、なんでひたすら台本見るだけであんなに演技できるんだ...

 

あと、私は大塚さんの悪役っぽい声を張り上げる笑いの演技が大好きです。あの笑い方、本当に好きだ。

 

d. ラ・イル役・梅原裕一郎さん

梅原さんも切り替えしてたね!ブチギレラ・イルと、紳士的な言葉遣い/「我が君」と言って忠実なライル、、、

ラ・イルが金のためだ、と苦しそうに言うところ、裏切りを後悔したところ、がすごくよかった。どんな思いだったのだろう。

 

あとは、「楽しくて、こわい」というところのあの演技の入りこみかた。ラ・イルには私は感情移入が(ストーリー的に)できなかったんですが、梅原さんの演技で遥かに説得力が出てたと思う。口から紳士。人生を手放しで楽しめないラ・イル。あの3人と一緒にいた時だけが幸せだったラ・イル。楽しいと、幸せだと、こわくなる、ああなんて不幸体質。

 

梅原さん、表情があーんまり変わらなくて(印象です)、それがかえって良かったと思った。裏切ったって知った時のびっくりが増幅されました。

 

e. アランソン役・梶裕貴さん

めっっっっちゃ好青年。さすが梶さん。

ところで梶さんのお衣装の袖には十字が書いてありましたがあれは何か意味があります?よね?きっとね?なぜ梶さんにだけあったんですか??

 

梶さんの演技、非常〜〜に可愛くて良かったです。ジルドレのことを本当に大切に思っていたのだなということが伝わってきたし、野良猫みたいだとジルドレに言わしめたジャンヌをあんなに優しそうに教育してて、マジで叔父さんとどこをどう血を分けたらそうなるんですか...???ここも対比、なのか.....??

 

梶さんのセリフで印象的だったのは、契約を結ぶところですね。中村さんや諏訪部さん、他の人たちは契約を結ぶ時、めちゃ声を張り上げて堂々と契約を結んでいたのだが、梶さんだけは声のトーンがめちゃくちゃ低かった。

 

ジルドレは無二の親友だ、ジルドレとともに記憶をなくすんだっていう覚悟があそこにすごく伝わってきた。全てを振り切って大声で契約を結ぶのではなく、低い声で覚悟を持って契約を結ぶ、あの演技は痺れたね〜

 

f. リッシュモン大元帥役・諏訪部順一さん

 

「貴様を殺す」(だっけ?)あそこの声の切り替わりが!!!!!!マジで背筋冷えた!!!!!!なんといってもあそこですよ!!!!!

 

諏訪部さんの低音は本当になんていうか最高ですよね。あの切り替えは本当にこわかった。

さっきも書いたけど、諏訪部さん演じるリッシュモンはずっと感情を抑えてた。強いていうなら、衛兵に声をかける時のピシッとした声と、シャルルに話しかける時の優しい声が違うくらい?

にしても、シャルルに話しかける時の優しい声、バブみを感じてしまった...甘やかされたい声ですね...表情もほんとずーっと優しーーーい笑みなのな...まさにアルカイックスマイル。それから立ち方もよかったね。いかにも元帥という感じの威厳はあるが、偉そう過ぎない立ち方。

 

ブチギレたあとの諏訪部さんの演技は、もう〜マジで今までの人格どこいった?!ってくらいぶっ放されてて大変良かったです。最高。策士で実は冷酷、みたいなのな。

 

ていうか、アランソンをジルドレ討伐に行かせるのマジで鬼畜すぎてあまりの鬼畜さに心の中でちょっと笑っちまったですよ。

 

g. シャルル7世役・津田健次郎さん

 

あのーーーーめっっっっっちゃ古美門研介を感じたのは私だけですか????ww他にもいたら教えてください。超古美門研介。古美門研介大好きなので全然いい。

 

しかし本当に、ツダケンさんの台詞回しがとにかく最高だった。わざとセリフのラストを小さい声でちょぼちょぼっと言ってみたり、他の人の言葉にガンガン被せにくる感じ、間の取り方、完全に最高。

シャルルの空気の読めなさ、バカっぽさを見事に表していた。津田さんのそういう役初めて見たので面白かったです。

 

そんな空気読めないシャルルがキレる場面、何度かあったと思うんだけど、特にリッシュモンにキレてたときのシャルルがよかったですね!!!低音でな!!!!

 

あと1幕のラスト、十字架をバックにぐるりと回ったツダケンさんのポーズの決め方と、顔を見て、「(声がいいのは当然として)顔がいい...」と心のなかで呟いてしまった。

 

◯音楽の感想

 

第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ2本、トロンボーン、ホルン、ピッコロ/フルート、クラリネットオーボエファゴット/バリトンサックス、ギター、ドラム

という構成でしたね。それぞれ一本ずつ。

 

それにしても、信長の犬の時も思ったけど、マジでセリフにぴったりなのすごすぎるーーーー

 

a. 構成について

全員がソリスト!!!!!!マジかよ!!!!!!と思いました。音間違えたら一発でバレるやんけ...という素人丸出しの感想を抱きました。プロは音を間違えないのだ。

 

あと、コントラバスがなくて驚いた。大きいしな...でもコンバスがない分、ファゴットの刻みとか、電子ドラム(?)の刻みとか聞けてよかった。ファゴットの音大好き〜〜ファゴットの奏者の方が超荒ぶってて超楽しそうで私も楽しかったです!

 

ところで、あの電子ドラムみたいなのはなんですか?

私は機械全然わかんないんだけど、あそこからトライアングルの音もグロッケンの音も出てたね。マリンバの音も出てたかな?

さらに、バスドラムとは別に、ティンパニ(よりは軽めの音だったけど)の音でそこから刻んでて、おおおーーー!と思った。

村中俊幸さんがめちゃ忙しくいろんなところ叩いててすげえなあと思いました。

 

フルートの方が歌も歌っててびびった。ハイスペックすぎんか...めちゃくちゃ上手かったし...

 

b. 曲について

 

戴冠式金管楽器ーーーー!!愛してるゼーーー!!!!やっぱりファンファーレは金管楽器じゃないとね!!!!トランペットいないのが残念だったけど、トランペットはな...声を邪魔しそうだもんね...

 

木管楽器の繊細な感じも好き。3人の幸せターンでピチカートで弦楽器が刻んで、木管楽器がリードとってるところの音楽好きでした〜あと切なげな旋律を奏でるときのオーボエ、大好き。バリサクを聞き分けられなかったのが残念。

 

あと不穏な場面でリードをとるギター、ここぞというところで盛り上げるギターも、ほかの楽器と上手く溶け合ってて、ほよーーと感動した。

 

信長の犬のときより(構成から言って当たり前なのだが)、クラシカルな音楽が多くて、これまた劇に合ってた。

 

c. 弾き振り

これは弾きながら指揮をすることなんですけど、弾き振りがなーーーーースゲーーーーという...あんな秒単位で合わないといけない、決まった時間でなく、毎回速さの変わる役者のセリフに合わせないといけない、それであの横長の舞台ですよ。絶対指揮見づらいでしょ..

ドラムの村中俊幸さんとか本当よく合わせられるな...プロ、ヤベェ...と思ってました。

 

あとちらっとライビュなので見えたんだけど、村中俊之さんの前の楽譜がスコアじゃなくてパート譜に見えたんだけど流石にないよな...?見間違いだよな...?

 

◯演出の感想

 

炎とか照明の演出については信長の犬で散々書いたのでここは軽めに。

 

あの!!!!今回特殊効果めっちゃ細かくなかったっすか!!!!!!!!

馬の鳴き声、鳥のさえずり、ドアの開け閉め、剣を抜く音...信長の犬のときよりめっっっっちゃくちゃ多かったと思う。数え切れないほど。

 

それから、鐘の音が記憶違いでなければ2回鳴ってたんだけどアレいつ鳴ってたっけ?どんな意味で鳴ってたっけ?それを忘れたのが残念。

 

あと信長の犬と違ったのは、やっぱ契約結ぶときの印ですよね。光の演出が多くて、面白かった。風吹かせたり。

 

そして忘れちゃいけないのが、十字架ですよね...(あの下の奈落(っていうので合ってる?)、地獄を覗くのに使ったりと結構大活躍してたね)

1幕ラストのジルドレが十字架を背にしてぐるりと回ったのが完全に、「ああこの人はもう運命を背負ったのだな...」と思った。残りのキャストの皆さんとは別に、彼だけが一回背負ったのはそういうことなのだろうな。

 

炎も、過去回想のための照明も、よかったっす.....

 

今の時点で言えるのは以上です!

後日このブログ内で追記して、衣装の写真の載ったみなさんのツイートとかを引用して後から見返しやすくしようと思います。

それと思いついたことがあったら後からバンバン追加する。

 

追記 皆さまの最高のツイートたち

 

いやー楽しい時間をありがとうございました!どうか台本とかパンフとか再販してくださあああいよろしくお願いしまああああああす!!!!!!また楽しみにしております!!!!

 

Thunderbolt Fantasy 生死一劍 感想

サンファンの生死一劍をレンタル返す前にもう一回見直したら割といろいろな感情や考えが湧き上がってきたので残しておきます。最近サンファンのことしか書いてないなあ。

 

全面的にネタバレ。

 

 

 

 

 

 

【真っ当な剣士】

掠風竊塵「真っ当な剣士であれば、勝ち負けの行方が決した時点でそれを答えとするものだ」

やたら「真っ当な」って言うんだよなあ。道場を開いて隠居をするだとか。1期でも「真っ当」にならないのかって蔑天骸に言ってたと思う。

どうしてそんな名前なんだろうね、と殺無生の名の由来を聞いてみたり、蔑天骸に行動の意図を聞いてみたり、その後に大概自信満々な回答が返ってきてるので、ああこうやって「盗む」ことに確信を持つのかな、と思ったり。

 

「真っ当」に近づいた鳴鳳決殺

生死一劍では、「お前の言う『真っ当』とやらにいささか近づけてみたが」と言って、相手の降伏を許した。殺さずに決する、純粋に剣技を競う楽しさを知る、それも掠風竊塵のおかげだと思っている鳴鳳決殺..............

 

「真っ当」と鳴鳳決殺の最期

鳴鳳決殺は彼の最期、「次の9手目が、答えだ!」と蔑天骸に挑みかかる。自分の剣の道は必然の探求なのだ、と。結局、掠風竊塵の言った「真っ当な剣士」とはならなかった。答えがわかっても、その必然を確かめた。

 

ここから言える鳴鳳決殺の「真っ当」

鳴鳳決殺が勝つ場合→降伏を許すこと(勝ち負けの行方は決しているので)。

鳴鳳決殺が負ける場合→挑み掛からないこと(勝ち負けの行方は決しているので)。

つまり、結局鳴鳳決殺は死ぬまでその剣は「殺無生」だった。悲しすぎる。最後まで真っ当になれなかった、ならなかった。

【殺無生と鳴鳳決殺】

生死一劍における呼び方

掠風竊塵が、「違う名で名誉ある行いをすれば良い」と言ったので、彼の名付けで鳴鳳決殺という名に決まった。

 

鳴鳳決殺自身も、「生まれたときから定められていた邪鳥、鬼鳥が喧しく鳴きわめくだけの人生を、今ここで俺は変えられる」と言っており、俺は殺無生でなく鳴鳳決殺だ、と鐵笛仙に言う。それほどの人生を賭けた覚悟。

 

しかし、ここのセリフ泣ける...鳴鳳決殺は、生死一劍の冒頭で、「殺無生という名の者が他の何になれるんだ」的なことを言ってるんですよね。それが、「今ここで俺は変えられる」って人生賭けてる。名前への希望、人生への希望。掠風竊塵に「名前なんて変えたらいい」と言われてここまできた。

 

凛雪鴉は、騙したことのネタバラシ以降絶対に殺無生としか呼ばない。ド畜生め、アンタが名付けたんじゃろがw

ところで、ここちゃんと確認し損ねたんだけど、生死一劍のネタバラシ前における凛雪鴉ってちゃんと「鳴鳳決殺」って呼んでる?ひょっとして「君」としか呼んでなくない?

もしそうだとしたらめちゃくちゃにド畜生なんですけど!!!!だって鳴鳳決殺が希望を託した名で、その希望通りの意味で呼んでくれた人は最後まで一人もいなかったってことになるよ?名付け親なのに。呼んでてほしいが...

 

そんなわけで鳴鳳決殺、すなわち殺無生が希望を託して名誉ある名にするはずだった通り名は、悪名として響き渡ることになってしまった。

 

1期における呼び方

凛雪鴉は一貫して「殺無生」。決して「鳴鳳決殺」とは呼ばない。マジですか。

刑亥や廉耆、蔑天骸は、悪名としてではあるが、それでも鳴鳳決殺って呼んでるのに。凛雪鴉あくまで殺無生としか呼ばない。ほんっっっとド畜生だな!!!!!お前は変わることなどできない、殺無生の剣のままだって嘲笑ってるみたいじゃないか...

 

しかも、鳴鳳決殺本人は自分の名前を鳴鳳決殺って名乗ってるんだよ........ぜっっっったいに自分のことを殺無生とは言わない。もう鳴鳳決殺という名前に希望はないはずなのに。彼自身の剣は「殺無生の剣」で、もう鳴鳳決殺の名に希望を託すつもりもないはずなのに。

 

「鬼鳥」という名前

「殺無生」が「邪鳥、鬼鳥が喧しく鳴き喚く中産まれた」っつってんのに、裏切った後に「鬼鳥」って名乗るの、凛雪鴉本っっっっっっ当にド畜生だな?!!?!!?!

「鳴鳳決殺」の名付け親である凛雪鴉もまた、「鳴鳳決殺」にとっては鬼鳥でしかなかった。「殺無生」だけじゃない、「鳴鳳決殺」だって最初から希望を持って生まれたりなどしていなかった。

 

ううこの文章わかりにくいかな、こういうことです↓

f:id:turkey_a_san:20190109013853j:image

 

このように同じ構造なので、どっちにも希望はなく、鳴鳳決殺にも最初から希望はなかった、ということ。

 

そして、それを見せつけるように、鳴鳳決殺だ、と名乗る鳴鳳決殺の目の前で「鬼鳥」を名乗るの?!!?!

しかも、「鬼鳥」を名乗ってるの知ったのは、殤不患と二人で話してる時、殤が凛雪鴉のことを「鬼鳥」って呼んだからであって、直接名乗られたわけでもない。

そのあと、鳴鳳決殺が「掠風竊塵という名を聞いたことがないか」って聞くのがまた.........救いようがない.............何も知らずに騙されているのか、かわいそうにと憐れむ鳴鳳決殺はどんな気持ちだったんだ。

 

この辺でどなたか文字書きの方、同人の小説書けそうじゃないですか?!!!?設定として?!!?!

ここの、「殺無生」と呼ぶ時の凛雪鴉のド畜生感情(いや、もはや感情すらもない、過去のおもちゃ、という程度にしか思っていないレベルの想像を超えたド畜生かもしれない)だとか、鳴鳳決殺を名乗る鳴鳳決殺の気持ちだとか、鬼鳥を名乗っているのを知った時の鳴鳳決殺の動揺だとか、、、ねえ!!!!!!小説が湧いて出てもおかしくない!!!!!!!!! よね!!!!?!!!?!!

 

 

【師匠からの不信、憎悪】

鐵笛仙の言葉に対する鳴鳳決殺

鳴鳳決殺が「何かがおかしい」と知るのは、鐵笛仙の「なぜこのような暴挙を行なったのだ」という言葉から。最初が師匠なんだよな....しんどすぎ。

 

ところで、ここの鐵笛仙なんですけども、さすがに自分の弟子を信じなさすぎじゃないですか???

凛雪鴉は、どうやらこの劍技会の審査員に知己がいてよしみがあるようだし、おそらくそのあたりから鳴鳳決殺の噂の垂れ流しをしたんでしょう。

にしてもだよ。

にしても、赤子のころから育ててきた自分の弟子がそんなことするはずない!って一蹴して欲しかったーーーーーそして、「俺は殺無生じゃない、鳴鳳決殺だ」と言う弟子のことを信じてあげてよーーーー!!!

 

鳴鳳決殺は、「今日を限りに封じるはずだった殺しの剣」とまで言ってるのに...腕試し感覚で人を殺してきた(それもどうかと思うぞ!)殺無生が、もう殺さないとまで言ってるんですよ.....それを悪鬼羅刹の類だの、殺しとけばよかっただの、かつて鳴鳳決殺は鐵笛仙に何をしたんじゃ.....................と思いました。

 

ていうか、凛雪鴉の言うことはなんでみんな信じるんだ。劍技会の審査員にもよしみがあるって顔広すぎない?どんなつながりでそんな知り合いできたんだ?

だいたい、蔑天骸に挑みにいくのに必要なメンツが凛雪鴉の知り合いで済むって冷静にやばいよね?どうやってその縁を増やしたんですか?

 

 

【ド畜生・凜雪鴉の裏切り】

ここまでで触れてこなかった、私が思った凛雪鴉のド畜生ポイントを述べていきます。

 

ド畜生ポイント①・笛

鳴鳳決殺センパイは笛が上手いんですよね。色気がムンムン。

で、ですよ、師匠・鐵笛仙との対決にあたって笛を凛雪鴉に渡し、「掠、かき鳴らせ」って言うんですよ(ここのセリフの檜山さんの言い方が、完璧に掠風竊塵を信頼している感じが出てて大好き)。しかも「その笛は見事な音色だから俺に力を与えてくれる」みたいなこと言うんだよ。自分に力を与えてくれる役割を信頼して掠風竊塵に託すんだよ....

 

それで、例の裏切りのネタバレのところで、「自分もまた矢を放たれたのだ、そんなことやってない!矢が証拠としてあるだろう!」と主張する鳴鳳決殺に、信頼の証とも言えるその笛を、「矢と似た形のこれならあるが」なんて感じで出してくる。マジですか。

ここで息を詰まらせる鳴鳳決殺が可哀想すぎる。凛雪鴉、お前さん、それ信頼の証なんやぞ...........

 

ド畜生ポイント②・堂々と嘘をつく

「お前が劍技会に出ろって言ったんじゃん...」と戸惑う鳴鳳決殺に、「そんなことを言った覚えはないが」とすっとぼける凛雪鴉。

嘘つけ!!!!!冒頭で「妙案があるのだが」って言ったじゃろがい!!!!!

 

ド畜生ポイント③・上げて落とす

「誰も君の言葉には耳を貸さないだろうが、私なら上手く丸めこむ自信もなくはない」と言う凛雪鴉に、「ならば...」と縋るように言う鳴鳳決殺。裏切られたとわかってもなお、縋ってる..........

その鳴鳳決殺に「なんで私がわざわざ説得をしないといけないのか、きみが皆殺しにすればいい、そうしたら殺無生の名が一段と上がる」という凛雪鴉。

あげて!!!!落とすなアアアアっっっ!!!!!!

 

しかもそれに対して鳴鳳決殺は、「馬鹿を言うな、俺は鳴鳳決殺として」って言いかけるんですよ!!!!この期に及んで、ここまで言われてもなお、鳴鳳決殺を名乗るの....殺無生は捨てたって言うんだ...........

 

この辺の鳥海さんの演技がすごいよね。最初からクールな感じ、熱なんて入ってない感じが出てたけどどこか優しさはあった。この辺りの鳥海さんの声マジ怖いわ。背筋がひやりとする。

 

ド畜生ポイント④・目的がひどすぎる

「なぜこんなことをした」と問う鳴鳳決殺に対して「そういう君を見るのが愉快だからだよ」ってなあ...そういうセリフを吐くのは口説くときだけにしてくれよ。照れてる君を見るのは(可愛くて)愉快だよ、みたいなさ。アンタ。愉悦部開いてる場合じゃありませんよ。

 

し!か!も!他人の剣技に権威を与える剣技会が元々不愉快だったんだ、とかさ........鳴鳳決殺センパイはそこから剣聖になろうとしてたんですが.......あなたのススメで.................

 

うーん、ド畜生ですね。

鳴鳳決殺はねぇ、

「母を殺し産婆を殺し、何人もの人間を殺して授かった我が身、わが命。父にすら疎まれ呪われ投げ捨てられ、呪詛そのものの名で生きてきた」

と今までの人生を振り返ってるんですよ?別に鳴鳳決殺が殺したわけでもないのに、罪の意識を、自分は悪なのだという意識を、ずっと持ちながら抱えながら、生きてきた、それがようやく自分の足で人生を踏み出せそうだったのに........凛雪鴉、あなたってひとは.........

 

 

【偽殤不患編との繋がり】

1回め見たとき、「いやwwwテンションの落差www」って爆笑したんですけど、よくよく見ると結構深いことを言っている殤不患。

 

自分という存在はどこで決まるのか

「私を見逃すんですか?!」と驚くニセモノに対し、ホンモノはこう言う。

「お前が殤不患だからって俺が俺じゃなくなるわけでもなし」「ただの言葉や振る舞いだけで人をわかったつもりになるやつが、どのみち俺の真実なんぞにたどり着くはずもない」

これって、殺無生が「殺無生という名前の人間がほかの何になれるというのだ」みたいな感じで名前に縛られていたところと、対照的だなあと。

殤不患は、名前なんかに縛られない。ニセモノが出たところで、自分が自分でなくなるわけではない。

言葉や振る舞いで人に判断され、信じてもらえなかった鳴鳳決殺との違い......(まあ彼は人を殺しまくってるから一概に擁護はできないんですけどね...)

 

また、殤不患はこんなことも言う。

「いろいろと苦労もあるだろうがな、辛抱して生きてみな。泣いて笑って怒って惚れて、心底大事だと思えるものを探すんだ、だれの真似でもない、本当のお前の人生を」

鳴鳳決殺は「本当の人生」を生きられなかったんじゃないか?生き直そうとして、踏み出そうとして、ド畜生に折られてしまった。

鳴鳳決殺が出会ったのが殤不患だったならねぇ...結末も違ったろうよ...

 

仮面だとか、小道具だとか

上記のようなことを考えたのは、小道具で気づいたというところが大きいです。

 

どういうことかというと、ニセ殤不患は玄鬼宗の仮面をずっと持ち歩いて生きてきたんですよね。本当の自分がないんだと。

なんで仮面を持ち歩いてたんだろう?と思ったんだけど、それはまだ本当の自分を見つけられてないからで、いつか見つけられたら、その仮面を捨てるんだろうな。

 

一方、鳴鳳決殺センパイは幼子のころ、父に投げられた影響で頭蓋骨割れた(よく生きてたね?)とのことで、その名残で師匠からもらった布を顔に巻いてるわけですよね。

あれは仮面の役割を果たしているのではないか?最後まで鳴鳳決殺はそれを捨てられずに死んでいった。

つまり、やっぱりねえ、本当の人生を生きられないまま、、、という暗示なのではないか、、、

 

ということを考えたのでした。ようやく書き終えた。近日中に展覧会全体の感想をあげます。そのあと諦空さんあげよ。

 

以下、ゴリゴリに腐った思考を垂れ流すので、見れないひとはブラウザバック推奨です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【カプ名がわからない(腐)】

掠風竊塵×鳴鳳決殺(つまりまだハッピーな時期、用心棒時代)、

あるいは凛雪鴉×殺無生(つまり1期のあのド畜生のあと)、を見たいんですけど、カプ名ってどうなってます?通り名が多すぎてカプ名がわからない。一旦どうなってるんじゃ。

 

※追記(1月9日)

お優しい方からご指摘をいただきました。

私が「凛雪鴉」と字を間違えていたためにピクシブがヒットしなかっただけだった!!!マジでよかった!!!!「凜雪鴉」だった!!!

ジャンルが盛り上がっていて本当に嬉しい、私の勘違いで本当に本当によかった、心からホッとしてる。ピクシブ巡回してきます!あーーーもう本当によかったようーーーー!!ご指摘、ありがとうございました!

 

凛雪鴉×殺無生ということで、凛殺で支部検索したけど、小説が5〜6件しかなかった...........名前だけでこんなに盛り上がれる設定があるのに、全然同人が湧いてない..............絵の方も全然ない....................思いつく限りの組み合わせでやったけど全然ない..................殤不患から「鬼鳥」って名乗ってるのを聞いた時の鳴鳳決殺の気持ちを誰か....書いてください..........

 

掠風竊塵に笛を渡して吹いてもらうところとかさ、もう完全にカット割りが二人のドアップだし、もうもうもう、ぜったいデキてるじゃん、鳴鳳決殺の片想いでしょ。ねえ。性的な関係は全くない。プラトニックに純情な鳴鳳決殺の片想い。

だいたい、その前に笛を盗まれて、盗人稼業ってこんなもんよ〜と見せてきた掠風竊塵に、「お前といればつくづく愉快なことが尽きぬ」って...自分のもの盗んだ相手にそんなこと言う???ねえ?????

 

闘技場で、「勝ち上がっても道場は開かんぞ、道場主なぞ隠居も同然」という鳴鳳決殺。その言葉に続けて彼はこんな言葉を漏らしました。

「まだしもお前の用心棒を続けていた方が...」と言い淀む鳴鳳決殺。

「私の?」と返され、急いで話題を変える鳴鳳決殺。

えっ...少女漫画かよ.........いいの..............

 

そして、「人の命を腕試しだけのために奪うことしかしてこなかった、それをすべて塗り替えたのだ。この男が。違う道を示してくれた」っていうセリフのところのカット割り(鳴鳳決殺と掠風竊塵がそれぞれドアップになる)が完全にそれだよ。はあ。

 

そもそも、掠って呼び方してるの、鳴鳳決殺だけでは?めちゃくちゃいい。掠って呼んでたのが凛雪鴉に変わる瞬間、ああもう本当にこの二人は対立するんだなって思いました。

 

鳴鳳決殺が死ぬ瞬間、蔑天骸がなぜか肩に手を回し、鳴鳳決殺の頬に指を滑らせ、「勝負の行方を悟った上で、なぜ挑んだ」とか言うんだけど、そこがもう完全に鳴鳳決殺が受けにしか見えない。ごめん。

関係性の描写の細かさから、掠風竊塵×鳴鳳決殺の方が推せるけど、人形たちはどちらさまも美形なので、蔑天骸×鳴鳳決殺も見目麗しくて何よりです。

 

しかも、死ぬときの「冥土で待っているぞ」に込められた憎しみ、先回りできると笑う鳴鳳決殺が最高。檜山さんの名演技。

「ああ、いずれはな」の鳥海さんの演技も最高。安心させるような優しさもなく、かと言って突き放すほどの冷たさもない。ちょうどいい...すき.......

そして死んで倒れる鳴鳳決殺の身体を受け止める凛雪鴉。なんで受け止めたの?別に下に置いとけばいいじゃないの!!!ねえ!なんで?!...いや特に意味はないんだろうね、わかってる、わかってるけどそこに意味を見出したくなる腐った思考。すみません。

 

そしてそのあと、

蔑天骸「名残惜しい相手だったかな?」という問いかけに、いいや、自分より強い敵と戦って死ねたのだから本望だろうと返す凛雪鴉。

凛さん凛さん、それ名残惜しくない理由になってない!!!!それだと本望なのは鳴鳳決殺であって、蔑天骸に鳴鳳決殺を殺されたあなたが名残惜しくない理由にはならない!!!!

 

まあね、彼らを本当にデキてると思ってるわけじゃないですよ。ストーリーを追い、まじめに分析するときの脳みそと、腐った思考のときの脳みそは違うので。

 

いやーしかしあそこまで裏切られてしまうと、掠風竊塵×鳴鳳決殺の幸せターンでも、そのあとの暗さを思って泣いてしまうので、幸せターン(の同人が出たとしても)、手放しにハッピー!っていうノリでは見れないな...

 

やっぱり何をどう考えても凛雪鴉がド畜生だ。うん。

 

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2の世界展 鳴鳳決殺編

 

あけました!おめでとうございます!今年もよろしくお願いします!

 

サンファン世界展に向けて記事書こう!と思って、途中の導入部分まで行きの電車で書いてから行ったんですよ。

 

で、行くでしょ。

びっっっっくりするくらい写真撮って帰ってきた。一体ずつ記事書けるレベルで帰ってきた。

ので、今日は鳴鳳決殺への溢れる想いを記事にしたいと思います。

せっかく導入部分書いたし、そっちのきちんとした記事は後日残す...誰かのためにというより、自分の書きたいことを好きに書いてるから需要とかは一切気にしないぞ......

 

以降、鳴鳳決殺しかいません。行くぞ。

 

f:id:turkey_a_san:20190105160729j:image

もう既に神々しい。みんなが迷ってるから、俺が一剣で終末をもたらしてやるって?なんてかっこいいんだ。

ここの文、最初「週末」って打ち損じて「週末をもたらす★休日アイドル鳴鳳決殺」っていう文字列が頭を駆け巡ってしまった。全然キャラにないこと思いついちゃってごめん。でも鳴鳳決殺が踊ってたらかわいい。照れてたらさらにかわいい。

 

斜めからがっつり。

f:id:turkey_a_san:20190105161108j:image

えーん!かっこいいよーーっっ!!下から団扇を扇がせてください。それでごゆるりとお休みになってほしいんです。やっぱだめか。だめだな。私まつ毛長くないもん。命込めてマスカラ5度塗り(※マジです)して行ったけど、全然負けるもんまつ毛の長さ。敵わない、このまつ毛。ううっ。

 

 

ここまで読んでこのテンションで最後まで続くのコイツ?って思った?最後まで続くよ!!!!ついて来れる人だけついてきて!!!!!!!!!!

 

f:id:turkey_a_san:20190105161620j:image
f:id:turkey_a_san:20190105161627j:image

 

私の撮影技術のせいで人が写り込んだり、手が入ったりしてるけどね、いやでもそんなことでは揺るがないこの美しさ。麗しさ。何よりも、ですよ。

雄っぱい!!!!!えっち!!!!!

もはや抱かれたいとすら思わない。ただ撫でさせてほしい。いやそれもやっぱできないな。なんだろうな、拝むか、賽銭投げるか、などと考えを巡らせながらパシャパシャと撮るしかない。

 

後ろから。

f:id:turkey_a_san:20190105162204j:image

マジ高貴(語彙力)。紫な時点で高貴だけどさあ...このレース?ヒラヒラしたやつがもう、麗人っぽさを後ろからも分からせてくれるね。

 

横から。
f:id:turkey_a_san:20190105162208j:image

なんかもう...色合いが....完璧すぎて....裾のヒラヒラした銀色っぽいところも、腕の金色のところのコントラストも、透けてるから紫が薄めになったら濃いめになったりするところも、もう最高すぎて、、、ねぇ、、、どうしたらこんな最高な衣装を思いつくんだ?私たぶんあと10回人生リセマラしてもこんなの思いつけないよ。すごいね。プロってすごい。

 

さて、では前面に戻って拡大をしましょう。

f:id:turkey_a_san:20190105162756j:image

このさあ〜〜〜腕から垂れ下がってる濃い青のところ、コーデュロイっぽい生地だったんだけど、もうそれもめっちゃ触りたかった。レースヒラヒラの背面と比べてこの重厚な生地。

 

もっと拡大。

f:id:turkey_a_san:20190105162947j:image

龍(?)の頭?!!?!なんで?!!?!これマジでなんで??もうカッコいいからなんでもいいんだけど。

蔑天骸は「骸」というだけあって、首やら肩やらいろんなところにスカルを垂れ下げてて、「ヨッ!厨二病!」って思わず声かけたくなった(私は蔑天骸もカッコいいと思っています)けど、この龍はカッコいいのでいいんだけどなんで龍だったんだろう?ご存知の方いらしたら教えてください。

 

それから、ベルトらへんにある、白黒の勾玉のやつ、これってよく見るけどそういえばどういう意味なんかなあと思って「白黒 勾玉 マーク」で調べたら出てきた。太極図っていうらしい。インターネッツ、便利。

太極図 - Wikipedia

要するに道教のシンボルで、陰が極まれば陽が生じ、陽が極まれば陰が生ずる。そうやって「気」が永遠に循環する様子を表しているらしい。そうなんだ。

そして、

また中国の京劇では、神仙や、きわめて優秀な頭脳をもつ軍師、占い師を演ずる俳優は、衣装や化粧に太極図を描くことがある。例えば、京劇に登場する諸葛孔明の「八卦衣」と頭巾には太極図が刺繍してある他、姜維の顔の隈取には額に小さな太極図が描いてある。

とのこと(先のwikiより抜粋)。

この中だと、極めて優秀な頭脳を持つ軍師に該当するか...??

殺無生(1期)は凛雪鴉への復讐に燃えてたのでアレだが、確かに生死一劍の様子を見ると鳴鳳決殺は優秀だと思うんだけど...どうだろうね。

 

ただ、このwiki内にあるマークと、鳴鳳決殺のマーク、違うんですよね。まあwikiだしな。ここに書いてない太極図もあるんだろうなたぶん。わからないけど。

 

というわけで、論文読んでみようと思ったんだけど、オープンアクセスできる論文で解明してくれそうなものはなかった。ので割愛。リンクだけ載せておくので興味ある人はどうぞ。国会図書館とかに所蔵はいくらでもありそう。

CiNii Articles 検索 -  太極図

 

さて、気を取り直して次行ってみよう!


f:id:turkey_a_san:20190105170106j:image

f:id:turkey_a_san:20190105170059j:image

 

おみあし!!!!!!!!鳴鳳決殺センパイのおみあし!!!!!!

なんかさあ、布のこの、なんていうの?透し模様?は違うな、それは穴が開いてしまうぞ。そうじゃなくて、布にこう、避けるように模様が二重になってるやつ!(語彙がない!)がすごい綺麗。

ブーツみたいなのもめちゃくちゃキラキラしてるし...これね、写真だと伝わらないけどキラッキラなの。キラッキラ。靴が!!!きれい!!!!

 

f:id:turkey_a_san:20190105174329j:image

鳴鳳決殺の武器。鳥の鳴き声は相手の命が終結することの象徴?!!?!鳥の鳴き声とともに産まれてきた鳴鳳決殺が鳥の鳴き声とともに相手の命を終わらせるのか...ウッ。そして「相手の命を終結させる」みたいな書き方、私の心の中の厨二が疼くから....!!!ねえ!!!しかも「フェニックス」って!!!「「「フェニックス」」」!!!!!

 

 

ここからはサクサクと載せていくのでいろんな角度から鳴鳳決殺センパイを楽しんでください。

 

さっきと同じ角度をアップで。

f:id:turkey_a_san:20190105171129j:image 

 

見下ろされてみる。
f:id:turkey_a_san:20190105171056j:image

 

俯き黄昏鳴鳳決殺。哀愁。
f:id:turkey_a_san:20190105171114j:image

 

横から。お顔があまり見えないのもいとをかし。
f:id:turkey_a_san:20190105171119j:image

 

この角度はとにかくかっこいいね。美しい。
f:id:turkey_a_san:20190105171110j:image

 

引きで。
f:id:turkey_a_san:20190105171105j:image

 

少しずらしてもっと引きで。美しい。
f:id:turkey_a_san:20190105171125j:image

 

あっやられた。かっこいい。これでもうみんな落ちたわ。
f:id:turkey_a_san:20190105171050j:image

 

もっとアップで。はいかっこいいーーー!!!はいありがとうーーーー!!!!
f:id:turkey_a_san:20190105171100j:image

 

 

 

人形って、角度によって表情が違うのだなあということがよくわかったなあ。今回それが特に際立ってたのは鳴鳳決殺センパイと諦空さんです。あとで諦空さん記事も頑張って書きたい。

 

 

ちょっと以下、鳴鳳決殺についてグダグダと語るのでもう写真はないです。そして生死一劍と1期のネタバレをするので、まだ見ていない方はブラウザバック!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、朝もツイートしたんですけど、鳴鳳決殺可哀想すぎませんか...........

 

これはこの世界が、悪は殺す!自分で滅する!自力救済!っていう世界だから仕方ないんだけど。司法がしっかりあれば司法がちゃんと裁くからね、それがないから自分で殺してるわけで。凛雪鴉がカッコいいのは認める。CV.鳥海浩輔であのビジュアルでカッコよくないわけない。でもあれは正義ではないよな、そもそも大盗賊だし...

 

 

私は、安易な勧善懲悪モノがあまり好きでないんだけど

(特に司法がしっかりしてない世界において、悪人が死んだからハッピー!って思いたくない。美女と野獣において、ガストンが死んで喜べるのか?なんで死ななければならなかった?という疑問を持てるか、ということ)

この話はまた後日ネタバレしないところで書こう。これはちゃんと書きたい。

 

安易な勧善懲悪モノが好きでないのは、学んできた内容、そして友人たちのコンテンツに対する批判的思考に影響されていると思う。批判的思考は時に苦しいんだけど大事だと思ってるから捨てたくない。作品を素直に楽しめないことがままあるのでめっちゃ苦しいけど...。かといって、批判的に受け取らないことがダメ、という話じゃない、批判的なことは偉いことでもなんでもないし、楽しみ方は人それぞれだし、私は私の楽しみ方を苦しくても否定したくない、それだけ。

 

とにかく、もう私絶対絶対、殺無生のこと殺無生って呼ばないよ!!!!鳴鳳決殺!!!!あんたは鳴鳳決殺として私の心に刻まれていったよ!!!!

 

本当に腐った思考で申し訳ないんだが、生死一劍の序盤、凛雪鴉と鳴鳳決殺が一緒に暮らしてて、鳴鳳決殺が用心棒やってるって設定見てた時、「ウッワこれ、凛雪鴉が鳴鳳決殺を手玉に取って、ムムムって鳴鳳決殺が拗ねて、それをまた凛雪鴉がからかうカップルだ...でも絶対性的な関係はないタイプの両片思いみたいなやつだ...」って思ってたんだけど、そのあとの凛雪鴉の行動が許せなかった...............絶対にカップルなどではないぞあれ............おまえ.............なかなかの外道やぞ..............嘯狂狷のことあんま言えんぞ...................

 

自分が産まれた時に母が死に、産婆たちも殺しあって死に、父には捨てられ、師匠からも愛されなかった鳴鳳決殺。

面白そうだと凛雪鴉の用心棒を引き受け、凛雪鴉にぽつぽつと過去を話し、殺無生の名を捨て、鳴鳳決殺として生きていこうとしたあの姿。師匠に殺無生の剣を呼び覚まさられたその結末。

しかも彼の最期はあれですよ!!!!!冥土に先に行く、絶対にそこに来るおまえを待っているって凛雪鴉に言うんだよ!!!!!

いやマジでどれだけ苦しい思いをさせれば気が済むんだ.........誰にも愛されない鳴鳳決殺.....私は4000字を越えてあなたを語れるくらいにあなたのことが好きだよ............

 

またあのーーーー、檜山修之さんの喋り方が天才でしょ。なんであの喋り方思いついたんだ。あの囁くような呟くような、色気全開の喋り方はなんだ?!闘技場で血まみれになって倒れる鳴鳳決殺がまた痛々しくって...........色気もあるんだけどとにかくかわいそうでかわいそうで.........

 

あのね、満腹感を知らない人がもう一度経験する飢えより、満腹感を知った人が経験する飢えの方がはるかにつらいんだぞ!!!!!!一旦愛そうと、信じさせようとしたなら最後まで突き通して!!!!!お願い!!!!!!傷つけないで!!!!!!

 

とはいえ、まあ、それでハッピーエンドになったら世話ないんだよ。わかってる、わかってるよ。あそこで凛雪鴉が突き放すから凛雪鴉の何を考えてるかわからんミステリアスさが出てくるんでしょ。驕慢を盗むって1期で言ってたけど、あの全てを把握してるあの感じね。絶対驚かない、なんとかするだろうという全幅の信頼。それはもちろんあそこで突き放すからなんでしょ、わかってるよーーーーー!!!

 

でもなあ。鳴鳳決殺は人を殺してるけど、師匠には敵わんって言ってて奢ってなかったじゃん.....奢ってはなかったじゃん.........実力にともなった自信も奪いたいんか?確かに人を殺した罪を贖わないといけないとは思うよ、でも、でも、凛雪鴉ーーーーーっっっっ!!!!!!

 

鳴鳳決殺はかなしい。とにかくままならないのでかなしい。きっと構造から言って仕方なかったんだろうなと思うんだよ、復讐鬼になった彼に未来はなかった。でも、個人的に愛されてほしかったなあ......

 

凛雪鴉の今後に注目かなあ、正義のために何かを盗んでるわけじゃない。驕慢を盗み出すだけなのだからねえ。

個人的には、凛雪鴉と同じような人、つまり人の驚くところを、自信をなくすところを、膝をつくところを見たい、という人が、凛雪鴉をターゲットにしたとき、どんな感じになるのかな?というのが気になる。たぬきの化かし合いみたいになりそうだ。

 

 

【追記】

生死一劍見直してて思ったんですけど、最初闘技場の場面を「興が乗った」という理由でやってきていた鳴鳳決殺を見てて、あれー?そんなに更生する気なかったっけ?って思ってたら、やっぱりあったね!!!

 

母を殺し、産婆を殺し...って呟いてるけど、鳴鳳決殺、あなたのせいじゃないからね。

それから、腕試しのためだけに人を殺してきたが、生も死も銭もしがらみも関係なく剣で競い合うことがこんなにたのしかったとは、的なこととか、

あと今までの殺無生だったころの自分ってな感じで、過去形にして完全にいまと断絶してたし、やっぱり更生する気あったんじゃないですか......腕試しで人は殺しちゃダメだけど.......

しかも、凛雪鴉のことを「涼」って呼んでるのがなんか腐った心をくすぐられる。いままで人の命を腕試しで奪ってきた鳴鳳決殺に、「違う道を...示してくれた...」ってさあ。生き方を変えた上、凛雪鴉の名付けた「鳴鳳決殺」って名前を名乗ってこれから生きていくんだよ?!もうこれデキてんだろ。

しかも笛を渡して、「君ほど上手く吹けない」という凛雪鴉に、それは見事な音色を奏でるから「俺に力を与えてくれる」って!!!!ねえ!!!!力をくれる相手を凛雪鴉に選ぶの?!!!?!ってなった。やっぱりデキてんじゃん。うーん。でも鳴鳳決殺センパイは受けだな。絶対。 

 

 

以上です。また記事を書きたいと思います!

 

Thunder Bolt Fantasy 2期最終回を迎えての感想

サンファン10話〜13話を一気見したので、その感想を残しておきます。当然のごとくゴリゴリのネタバレです。

 

まず個人的にグッと来たセリフ。

 

10話より

凛雪鴉「どんなに便利な道具があっても、道具そのものを疑わずに頼りきりでは、到底使いこなしているとは言えんよ」

いやーーーこれ深くない?どう?なんか道具がなくては生きていられないこのご時世に、この言葉言われちゃうと、ウッってなるよね。疑わずに頼ってることもあるよなとか、使いこなせてはいないよなとか。物語において深いとかいうより、自分に刺さったね。これは。

 

11話

嘯狂狷「あのなあ、悪党が矜恃なんぞ抱えてどうするよ?いざとなれば、自分自身さえ裏切り、踏みつけ、切り捨ててなお笑って済ますのが、本当の外道ってもんさ」「自分の悪事に自分で酔って有頂天になっているようじゃあ、お前もまだまだ小物だな」

嘯狂狷、まあ役どころもあって基本的に好きなキャラクターというわけではないんだけど、このセリフについては、結構好きでした。

矜持を持ってる悪党って例えば誰ですかね、ルパンとか?怪盗キッドとか?まあそういう矜持を持ってる悪党ってのもカッコいいんだけど、嘯狂狷に関しては、このセリフだけを見たときに、矜持を持ってないことが一つの矜持なのかな?と感じて、それはそれでスタイルとしてありか〜とこの時点では思った。

まあその後の行動を考えると何の免罪にもならないんだけどね!w

 

12話

傷ついて痣のできた嘯狂狷さま、色っぽいな?と思ってたらどんどんボコボコにされて、もっと酷い顔になっていた。ちょっとさすがにかわいそうでは。最終的に婁震戒に殺され、吊るされてましたが。

 

なんかなあ。この場面、言ってしまえば勧善懲悪モノという印象を受けたのだけれど、勧善懲悪って難しいよね。

例えば、ルパンは誰が見てもカッコいいし、誰も不幸にしないし、クラリスを助けるルパンよりカリオストロ伯爵の方がもちろん悪人で、カリオストロ伯爵は死んで当然だ...とまで行かずとも、悪行の報いだ!と思うわけでしょ。

 

でも、本当にそうだろうか?

いやまあ野暮な疑問なのはわかってます。わかってますよ。「正義」は誰が決めるんだろう、と思うんですよね〜。正義があれば、悪人(だいたい、悪人かどうかってどうやって決めるんだ?)が死んで喜べるのか?例えば、凛雪鴉の悪行と、嘯狂狷の悪行をどうやって区別するのか?っていう話。

 

たぶん、法治国家で過ごしてるからそう思ってしまうんだろうなあ。...いやまあルパンは法治国家の世界なはずなんだけどwwおかしいなww

サンファンについてはそんな近代国家っぽい制度が(恐らく)なさそうなので、私的自治!という感じなんでしょう。だから仕方ないんだと思うし、実際私も嘯狂狷の死については、あらら〜...と思っちゃったくらいで、そこまで深刻には捉えてないけど、(まあ彼はなかなかの外道であることは確かなので)、でもやっぱり死んでよかった!報いだ!とまでは思えなかったし、少しかわいそうに思ってしまった。うん。でも外道だけどな。うん。

 

最終話

殤不患「俺は行いを以ってのみ人を断じる。人の命のありかたは、そいつが世界に何を刻んだかで決まろうってもんさ」

この言葉、よかったですねぇ。罪を憎んで人を憎まずってやつですか。「世界に何を刻んだか」で「命の在り方」が決まるってのもよかった。世界という大きなスケールを、個人の命という小さなスケールに持ってくるこの、いかにも英雄という話しぶりが大変よかったです。でも、誰もが何がしかを世界に刻んで生きているのかもしれない...などとポエミーな感想を思わず抱いてしまった。

 

また、婁震戒の「やってみろ、殤不患」がよかったですねえ。石田さんの低音。かっくいー!!!!!!いやこれは本当にカッコよかった。マジで。

 

そのあとの、

殤不患「俺を信じて託す気は?」

凛雪鴉「絶対にごめん被る」のあと、

「だったら俺がお前を信じるしかねえ」と言う殤不患!!!!あーーーーわたしは相棒系の関係性大好きなんだ!!!!これは腐ってるとかそういう話じゃなくて、人と人との関係性として相棒みたいなの大好き!!!ありがとう!!!しかも片方が信じてないなら片方を信じるみたいなこの感じも!!!!すき!!!!!ありがとう!!!!!!

 

そして殤不患を操る凛雪鴉が楽しそうで何よりです。圧倒的愉悦部。

 

心を虚ろにして拒むことにブチギレる婁震戒センパイ。結局彼は魔術に惑わされることなく、ガチ惚れしてるわけだから、彼は自身の心をもってきちんと惚れてるんですよね。心があればみんな惚れるやろ!!!!俺の彼女!!!!!って感じなんでしょうか。心をなくしてまで俺の彼女に触れたくないとは侮辱しやがって!!!!みたいな?

 

最終的に崖の下に七殺天凌と婁震戒センパイは落ちていき、「震戒、そこまで...(わらわのことを思って...)」と何やら感動していた雰囲気が漂う七殺天凌でしたが、ヤンデレに堕ちた恋人にしか見えなかった。ごめん。

 

いやしかし婁震戒センパイめっっっっちゃくちゃヤンデレだったな。この剣の柄を握る最後の男は自分以外いないから谷底にいれば一生オレのもんだ!ってどんなだよ。ヤンデレのテンプレがすごかった。迫真の演技でした。ヤンデレにしか見えなかった。石田さんの演じるヤンデレ、超いいな...って思いました。

 

あれ見てて思ったんだけど、ヤンデレってわたしは(属性として)あんまり好きじゃないっていうか、性癖に刺さらないんだけど、たぶんその理由は、ヤンデレが自分しか見えてないからなのだなあ、と思った。

執着攻めは好きなんですけど、それは相手を相手としてみているからなんだな。自分の思う相手(まさに偶像、idol)が好き、自分の中の相手が好き、っていうのは結局自分しか見えていないので。相手のことを思ってる感じがないんだよなあ。

しかもなんか、死ぬとか言い出すと、そのこと自体もビビるけど、死ぬって言ってる自分がどう見られてるかもわからないってことでしょ...ヤベエ...って思うんですよ(※個人の意見です)

 

ヤンデレを好きな人ってのは、あれだけ想われるその想いの量が幸せってことなんだろうか?嫉妬される重さすら嬉しい!みたいな。

でも死まで視野に入ってくると重さとかいうレベルじゃないけどな。重すぎて地にめり込んでそのままブラジルまで突き抜けるレベルだけど。

うーん、わからない!私はブラジルまで突き抜けずに日本の地にめり込むこともなく、二本の足でしっかと立っていてほしいタイプです。

 

とここまで散々ヤンデレわからん話をしてきたけど、石田さんの演じるヤンデレはスーパーよかった。あの低音!よさ!

 

婁震戒について、谷底で死んどるやろという意見について、殤不患は「だといいけど...」と濁してましたね?!あれは生き返るフラグですか?!?!!?!

 

とにもかくにも!

2期終了お疲れ様でございました!!!3期制作決定おめでとうございます!!!楽しみに待っております!!!

 

メリクリ 2018

 

メリークリスマス🎄🎅🎁

 

この記事はサンタさんが来なくなったひと、サンタさん連盟に入っているひとしか読んではいけません。サンタさんがまだ来ているおうちの子は大人になったら読んでね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という前置きはさておき。まあこんな前置きをするのも以下の内容をお読みいただけたらご理解いただけると思うんですが。

 

私には妹がいるんですが、妹がとってもかわいいので、備忘録として残しておきたくて。

 

今日は家族四人でシャンパンを飲み、ワインを飲み、ローストビーフを食べて、刺身を食べてサラダを食べるという、和洋折衷もいいところな、でもとにかく豪華な食卓でした。どれも美味しかった。

 

家族で話していたとき、妹が突然、「サンタさんってさ、やっぱりパパだよね?」と言い出しました。

妹はハタチ。私より三つ下。シャンパンもワインも飲める歳です。パパは「いやいや、違うよ」と否定したわけですが。

 

妹曰く、

「サンタさんのことをずっと信じてたの。それで、去年、19歳のときに」

私「...待って、19歳のときまで信じてたの?いやまあサンタさんは確かにいると思うけど」

妹「うん。19歳のときに、サンタさんに渡した手紙を見返していたら、その封筒がサンリオだったの。サンリオだったんだ...と思って...サンタさんがサンリオで買うわけないじゃん?やっぱりサンタさんはパパだったんだと思って...」とシクシク泣き出す妹。可愛すぎる。

私「いや、サンリオと業務提携してたんだよ。ウチに来てくれるのは日本支部のサンタさんだからさ」

 

我が家は、毎年サンタさんにお手紙を書いていました。

サンタさんにお手紙を書いて、トナカイの名前や、サンタさんの好きな食べ物、サンタさんの生まれ故郷についてなど、いろんな質問を書いて、ケーキとビールを添えて、玄関の鍵を開けておき、いつも夜10時には消す外のイルミネーションもその日だけは夜中じゅう付けておく、そういうしきたりがありました。

そして翌日の25日には、ビールとケーキはなくなっており、手紙の質問にはすべて答えてあり、サンタさんからは英語のお手紙が返ってきていたのです。

 

 

妹「昔お姉ちゃんが、ずーっとサンタさんにもらうプレゼントを決めてなくて、24日の夜10時くらいに、のだめのCDにするって決めてて、そしたらちゃんと翌日それが届いたの。だから、やっぱりサンタさんには思いは通じるんだって思って、それで私は信じてたの」

 

なるほどね。ちなみにその日、日本支部我が家のサンタさんは死ぬ気でそこら中のCD屋を巡ったんだそうです。私はサンタさんの連絡先を知っているのでさっき教えてくれたんだけど、あの時はありがとうサンタさん。

 

妹「あるとき、私がサンタさんならわかってくれるはず!と思って、20日くらいにWiiが欲しいって言ってから、24日にDSiに変更したときは結局Wiiが来て、サンタさん私の思いはわかってくれなかったのか...って思った。でも結局Wiiの方が高いし、よかったけど」

 

妹「それで、お姉ちゃんは中3までサンタさん来てたのに、私は小6までしか来なくてそれがすごくショックだった。中3までは来ると思ってたし、お姉ちゃんは来てたのに...。中1のころ、何も欲しいものがなくて、サンタさんにお手紙書かなかったんだよね。だから、来なくなっちゃったのかなと思って、中2のとき、誰にも言わずにひっそり手紙書いたんだけど、それでも来なくて、泣いた。中1のとき書かなかったから、一回書かなかったらもう来ないんだなって思って...」

 

私「高校までそれでも信じてたんだ」

 

妹「他の人に、『サンタさんとか言ってバカじゃないの』って言われたんだけど、その人たちのところには、サンタさんを信じてないから来ないんだって思ってた。信じてたら絶対来るって...来なかったけど...」

 

またしてもシクシク泣く妹。いや可愛すぎかよ。ママ上もらい泣きしてるし。パパ上爆笑してるし。一方のお姉ちゃん中3のときにサンタさんにサンタさんの内情をいろいろ教わっちゃったんだけど。

 

日本支部の我が家のサンタさんによれば、私にサンタさんの内情を話してくれたときに、後日私が「わかってはいたけど、やっぱり言葉にされるとショックだった」と言ったんだそうです。まったく覚えてないけど。それで、我が家のサンタさんは、妹には何も知らせなかったそうですが、そしたらスクスク育って、ここまで信じる子になりました。なんてスレてないの。本当にいい子。

 

また、これも日本支部我が家のサンタさんの言ですが、24日の夜は、(当時はネットとかスマホとかもちろんないので)、トナカイの7頭の名前を調べるのにも一苦労したし、いくら子どもたちにわからないだろうと言っても、英語を間違えてはいかんと必死で英和辞典、和英辞典を引き、ケーキとビールを食べて、寝るのは毎年夜中の3時とかだったそうです。翌日寝不足で出勤。日本支部だとやっぱり英語苦手なんだね。大変だ〜サンタさん長いことありがとう。

 

だからねえ、ハタチを過ぎたらサンタさん連盟に入る側の人間になりつつあるとはいえ、まだサンタさん連盟に入るには早い子もいるから、サンタさんの話は慎重にしなくては!と心に決めた。

 

あと、妹に子どもができて、妹がサンタさん連盟に入るようになったら、この話をいつかしよう。

 

今年はそんなクリスマスでした。Merry Christmas!

BANANA FISH 最終回を迎えて

 

最初に言っておきますがネタバレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たったいま、BANANA FISHのアニメ、最終回を見終えた。涙が止まらない。声を限りに叫びたい気持ちと、ひっそりと暗い部屋の隅でシクシク泣きたい気持ちとが混ざり合って、どんな言葉で今の気持ちを表現していいのかわからない。

 

 

今期ハケンアニメだから絶対にみてね!と言われた。漫画をほとんど読んでこなかった私は題名すら知らなかったので、試しに3巻までの無料キャンペーンを一気読みして、面白そうだと思った。まずはアニメを先にみて、好きだったら後から漫画買おう、くらいに思っていた。

 

 

結果、とんでもなかった。

腐女子としては、あ、めっちゃそういう描写じゃん!と思うところもあって、そういう面からも楽しんでいたんだけど、いや、もう、それどころじゃなかったっていうか、、、、

ここまで書いてきて思ったんだけど、私と作品の出会いなぞというどうでもいいところから、今までの自分的にグッときたポイントを逐一話していると最終話までたどり着けないので、とりあえず、とにもかくにも最終話の私の思いの丈を感情のままに綴っていいですか。いいですね。いきます。冷静さなんて知ったものか。

 

 

 

だいたいね、アッシュは最終話で19歳なんだそうです。wikiに書いてあった。ていうことはですよ。20歳になったアッシュが、英二と久々にアメリカで会って「久しぶり」なんて言うことも、30歳のアッシュが「ギズモ?はのどかなところだなあ」と目を細めて英二の隣で景色を見つめることも、40歳のアッシュがビール腹が気になってきた英二に「ちゃんと運動しないからだよ、お兄ちゃん」といたずらっぽく笑うことも、ないんだよ、永遠にないの、、、、、、どうして、、、、、、

 

 

ブランカに向かって自分を手放しに信じてくれるひとがいるから、俺は幸せなんだ、と語るアッシュ、英二のために死ねと言われてすぐに銃口を頭に向けるアッシュ、英二の危機に理性をなくして相手が死んだ後も撃ち続けるアッシュ、、、、、、ねえ、、、、、

 

 

「僕は君とともにある」じゃないんだよ、「僕の魂は君とともにある」んだよ、肉体がなくなっても、魂だけになっても、自分とともにいる、自分のことをそう思ってくれる存在を文字で確認して、死んでいるのに幸せな夢を見ているのね、ってそれほどまでに嬉しかったってことでしょう、、、でも二度と生きては帰らない、そんな、そんな悲しいことありますか?喧嘩して仲直りした図書館でってのがまた、、、

 

 

幸せそうな夢を見ている、そんな風に言われたアッシュの死に顔。アッシュのわずか19年間の人生は、最後は夢みたいに幸せだったんだろうか。そうであってほしい。でも夢みたいに儚かったことだけは確かだ。

 

 

英二がまだ夢から醒めていないの。英二はまだ、アッシュと絶対に会えると信じている。必ず会おうと言ってくれたってシンの優しい言葉を信じているし、アッシュがその後会おうとして走り出して、隙を見せてさらけ出して、そして、、、(絶句)

...そんなことは、英二の知る由もない。そして英二は夢から醒めたとき、きっと慟哭するだろう。自分の魂が共にあると言った相手が、絶対に会えると思っていた相手が、もうこの世に存在しない。死ぬ間際すら見ていない。さよならも言っていない。言う必要がないからだ。なのにどうして?ウワアアアアアアアアンもう無理!!!!!!!!!

 

 

アッシュと英二が共にいたのはたったの2年。わずか2年。17歳から19歳に至るまでの、青年と呼ぶには少し早いような、少年と呼ぶには大人びているような。

 

中学生や高校生のころ、毎日を必死に生きていたから気づかなかった。「制服」という記号が外れて初めて、「青春」という日々はなんて儚かったんだろう、大人たちが「華の女子高校生じゃないの」って決まり文句みたいに言っていたことは本当だったのだ、と思った。そのくらい、17歳から19歳の期間って嘘みたいに短い。

 

 

私はニホンで命を落とすことも、命の危機に瀕することもなく、すくすくと23歳になっているので、青春が嘘みたいに短い夢みたいな時間だったと思っているけれど、アッシュにとってはそれが「人生」だったんだ。

あの時俺たち危なかったよなあって酒を飲みながら昔話をする前に死んでしまった。そしてアッシュは19歳の時点で「昔話」をするには、悲惨な「昔」しか持っていない。アッシュと英二の2年間が、「昔」になる日々が、私は、私は、来てほしかったの、、、、、、、、

 

 

17歳から19歳というのも絶妙だ。アッシュは素晴らしく頭が良く、強く、みんなを従えて、大人に見える。だけど、朝は弱いし、かぼちゃは嫌いだし、そして誰よりも孤独だ。そんなアッシュが英二に出会った。隙を見せるほどに信じる相手に。

コドモだとか、オトナだとか、そんなことは意外と曖昧で、だれにだって二面性はある。だけど、オトナはコドモなところを隠すすべを覚えている、、ように見える。現在オトナに程遠い私はそう思っている。

アッシュは、隠すすべを身につけていた。そのことが、大人だということなのか、あるいは隠しているからこそ余計に孤独を深めて、アッシュの心の奥底にある17歳の、等身大の彼が「寂しい」と今もなお叫びつづけているのか、わからない。あるいは両方なのかもしれない。

英二に出会ったアッシュは、誰かを大事にすることを覚えた。誰かを愛する人は強い。誰かを守る人は強い。こういうときのアッシュはすごく大人に見える。だけどじゃれ合っている二人は、「男」というより「男の子」だ。

 

それでも、と私は思う。

もっと英二に思いの丈をすべて話して、悩みもさらけ出したらいいのに。しかしアッシュは英二がその悩みに関わると、英二を苦しませたくない一心で隠す。ままならない。苦しい。しんどい。英二はそのことすらもわかっている。アッシュは自分を苦しませたくないのだと。でも自分のせいだと思うのはやめた、と。すべてをわかって、黙ってアッシュが無事に帰ってくるのを信じるのだ。

 

 

愛だ。愛としか言いようがない。

 

 

こんなことを言うのは興醒めなので言いたくないが、これは恋愛だとか、友愛だとかそういう小さい話じゃない。もっと大きな愛だ。すべてを覆い尽くす愛、相手を信じきる、まるごと愛す。そういう愛の話だ。家族でも友達でも恋人でも、何にも当てはまらない、人と人の、愛の物語だ。

 

 

それなのに。

現実って残酷だ。何度「if」を唱えても何も変わらない。何度「あのときああしていたら」と思っても現実は目の前に聳えている。

あのときラオをきちんと説得できていたら、あのときアッシュがブランカとカリブに行っていたら、あのときシンと空港に向かっていたら、あのとき、あのとき、あのとき、、、いくら唱えたって最後は変わらない。アッシュ・リンクスはその生涯の最後の一ページを閉じた。私はまだ取り残されたままだ。きっとしばらく引きずるんだろう。少年たちの、夢のような時間の、しかし真実の愛の物語を。